借地権の売却条件

  • 運営者
  • 2017-3-10
  • 未分類
  • 借地権の売却条件 はコメントを受け付けていません。

借地権を所有していても、場合によっては有効活用できていないことがあります。持っていても仕方がないので、売却したいという方もいるでしょう。ところが、地主が承認しない限り、借地権の売買はかないません。中には、地主が借地権を買い戻してくれるケースもあります。第三者への譲渡に承認し、次の借地人と上手につきあっていく地主もいます。いずれにしても、借地権の売買には地主との交渉が必要になってくるのです。

地主が買い戻すなど、シンプルな形で交渉が進めばよいのですが、第三者への譲渡となると難しい顔をする地主が多いものです。地主にとっては貸していても自分の土地ですから、第三者への売却には承認し難いものがあって当然です。そこで問題となってくるのが、借地権に疎い素人が自力で交渉しようとすること。専門的な知識と交渉力を備えた人物に、交渉を任せたほうが話がうまくまとまりやすくなります。

借地権の所有者が売却をしたい意思があっても、地主の意向を尊重することも大切です。何しろ地主の承認がなければ売却は不可能ですから、地主にどのような意向があるのかを明確に聞き出す必要があります。地主によっても意向が違うはずですが、主なケースとしては売却するくらいなら返却してほしい、借地経営を続けたいといった意向が挙げられます。