借地権の売却方法

  • 運営者
  • 2017-3-5
  • 未分類
  • 借地権の売却方法 はコメントを受け付けていません。

ただ所有していても無用に思えて、売却したいと考える人が多いものが借地権です。しかし、借地権を売却するためには、地主の承諾が絶対条件です。売却方法自体にはいくつかの種類がありますが、地主の承諾をスムーズに得ながら有利な売却となるのが一番です。

借地権の売却の第一条件となるのが、地主の承諾を得ることです。地主が借地権を買い戻してくれれば問題ありませんが、地主にも都合があります。そこで第三者への譲渡という選択肢が出てくるのですが、地主がこれを拒否する場合も少なくありません。地主にとっては、借地権を経営し続けたい意向を持っている場合もあるためです。

借地権の売却評価額には、借地権割合を参考にすることもあります。しかし、基本的には、売却評価額は売却先などによっても大きな差が出てきます。最も高い価格で売却できるのは、地主に買い取ってもらうことです。他の方法では、第三者への借地権と低地の同時売却、地主の承諾を得ている第三者への売却、地主の承諾を得ていない第三者への売却がありますが、地主の承諾がない場合は排他非訟となります。

排他非訟は、裁判所で借地権の売却に正当性があるかどうかを調査したり判断したりしてもらう方法です。借地権の売却は、借地権所有者に正当性があるだけでなく、地主にとっても不利益となってはいけません。これらを調査して、承認されれば、借地権の売却が可能になります。ただし、地主との関係性にヒビが入る可能性もあるため、借地権の売却を考え始めたら、早い段階で専門家に相談したほうがよいでしょう。